食の供給で人と社会に貢献する株式会社大竹麺機
Japanese
新着情報
トップメッセージ
サービス
製品紹介
機器紹介
採用情報
会社概要
EQUIPMENT
機器紹介
弊社で取り扱っております製品の概要をご紹介します。

クリックして頂くと特徴、データなどまとめました詳細データが表示されます。
ご不明な点、詳細につきましては“お問い合わせフォーム”、もしくはお電話にてお問い合わせ下さい。
冷水装置
粉原料を捏ねる為の給水の温度調整をします。通常、多重構造のステンレスタンクで、あいだに熱媒体を介して構成されます。

捏機
詳細
給粉ならびに給水された原材料を、回転羽根を用いて捏ね上げます。 胴体の形状により、竪・横型のバッチ式と、加湿型連続式があります。
V-series 真空HI-LO渦巻捏機
複合機
詳細
供給されたドウ生地を、対をなす2組の大径ロールにてそれぞれ圧延し、2枚の粗麺帯をつくります。直列に配置された次のロールで(2枚を)複合化します。
フィーダー一体型麺帯複合機
圧延・切出機
詳細
複合された麺帯を直列に連続配置されたロールで、徐々に薄く圧延して適正な麺シート生地とし、切出機で麺線状に切出します。
連続圧延・切出機
切刃
詳細
切出ロールで最終麺厚に調整された麺帯を、一対のロール状の櫛刃で麺線に切断します。麺の形状で、角・丸・楕円・その他特殊切刃をご用意しています。
大竹式切刀
蒸煮装置
詳細
数列に分けられた麺線を、網状コンベアー上で蒸気で蒸し、麺を糊化させます。装置内の蒸気量は、温度検出器と制御弁で比例制御されています。
蒸煮装置
味付装置
カップ麺の場合、麺線に切り出し蒸煮した後、水または味付けされたス−プをかけて(または浸漬し)、余分な水分を除去します。

定量切断装置
詳細
連続圧延された麺帯を切刃に入る前(麺帯カット)と、切刃を通過した後(麺線カット)に、一定の量目に切断する装置です。
二つ折り定量切断機
油揚装置
詳細
糊化させた麺を揚げ、容器に型詰めし、約140℃の食油で1〜2分間揚げ、麺を乾燥固形化する装置です。
二つ折り袋麺用揚機
冷却装置
油揚げされた高温の麺を、網状コンベアーにのせ、装置内を通過させる間に、空気を麺の上下から強力に吹き付けて冷却させます。

乾燥装置
詳細
糊化させた麺を乾燥させる即席(ノンフライ)麺用ドライヤーと、生麺をハンガーに掛け乾燥させる、乾麺用循環移行式自動乾燥装置があります。
高湿度乾燥機
熟成装置
複合後の麺帯の組織構造硬直化を緩和し、更に水和を促進させる為に麺帯を熟成させる装置です。巻玉熟成方式と連続シート熟成方式があります。

トリロール
詳細
低加水から糊化原料まで応用範囲の広い麺帯機です。電子制御された第3の供給ロールの効果で、麺密度を自在に変化させることが可能です。
トリロール・密度自在麺帯機
餃皮機
詳細
供給された麺帯に澱粉を散布せず、餃皮を型抜きします。残りの麺帯は自動で複合機に戻し、新しいドウと共に良質のシートに再生されます。
餃皮機
雲呑皮機
詳細
0.4mm厚の非常にデリケートな麺シートを、安定かつ連続的に生産します。澱粉を散布したシートは折畳み装置を経た後、自動裁断されます。
全自動ワンタン皮製造器
掛機
切り出された麺線を、一定の長さで掛棒に掛け、順次、自動掛上げ装置で循環移行式乾燥装置に供給します。
移行式乾燥機(乾麺)
押出機
パスタや澱粉を主原料とした製品作りに最適です。円筒状の装置内部に配されたスクリューが原料を押出して、先端のダイスで成形させます。

home お問い合せ サイトポリシー
個人情報保護法について